シングルマザーの海外移住!子連れで海外移住する方法・手続き・生活費を公開

シングルマザーの海外移住!子連れで海外移住する方法・手続き・生活費を公開

皆さん、こんにちは。
フィリピンに海外移住中のシングルマザー”Sherly”です。

私は現在3歳の子供とフィリピンのセブ島へ移住し、仕事をしながら海外生活をしています。

「なぜシングルマザーで海外に?」
「海外移住って日本で暮らすより大変じゃない?」
「子連れで海外で治安は不安じゃないの?」

こんなふうに思う方もおられると思います。

でも、実は最近、お子さん連れで海外移住される日本人女性って増えているんです。

2016年時点で在留届を出している日本人だけでも約3,000人おり、現在はもっと多いでしょう。
中でも日本人のシングルマザーの方でフィリピンへの移住を検討されている人は増えてきていて、私自身もそんな母子家庭のお母さんとお会いしたり、セブ島移住について相談される機会がたくさんあります。

今回は「シングルマザーで海外移住を検討している」方へ、シングルマザーの私が海外移住を決めたきっかけ〜移住手続き〜現地での生活などを紹介したいと思います。

海外移住のきっかけはセブ島への親子留学

海外移住のきっかけはセブ島への親子留学

移住のきっかけは「親子留学」
子供が1歳半の頃、フィリピンのセブ島に初めて親子留学をしたことがきっかけです。

子供の教育を考えた時に、

「これからの時代は英語が話せるだけでも選択肢は広がるのではないか」

そう考えていた私は、日本で子供が生後6ヵ月の頃から英語教室に通わせていました。
しかし週1度の授業で月謝が約7千円もかかります。

月謝が高額な割に、英語を学べる時間が少なく、英語を習得するまでに時間がかかりそうだな…と薄々感じていました。

子供の幼稚園はインターナショナルスクールに通わせるのが夢でしたが、どんなに安いところでも月に10万円は必要です。更にアフタースクールまで通わせるとなると、もっともっとお金がかかります。

私1人の収入では、到底通わせることができません。

子供に「英語を学んでほしい」と考えたのはもちろんのこと、「日本での当たり前が当たり前でない」と気付ける子になって欲しい、そう考えたとき、

  • 日本から近く
  • 物価が安く
  • 公用語が英語である

フィリピンへ、親子留学してみるのは良いチャレンジになるのではないかと思ったんです。

世界32カ国から探せる語学留学予約サイト!

これまで私は、海外旅行に行ったり、学生時代に留学したりといった経験はありましたが、実のところあまり楽しむことができず「私は海外には向いていない」と思っていました。

ですが、お試し感覚で親子留学でフィリピンへ来てから、そんな気持ちがガラッと変わりました。

日本ではワンオペレーション育児で、誰とも話すことがなく、ストレスで子供に当たってしまうことがありました。
また、日本独特の「子供連れに対する冷たさ」があまり好きではありませんでした。

そんな日本とフィリピンでの子育て環境は全く逆。

フィリピン人は子供が大好きなので、自分の子だろうが、他人の子だろうが誰にでもフレンドリーに構ってくれます。
子供がたくさんいるのが当たり前の国なので、多少泣こうが喚こうが誰にも白い目で見られることもありません。

親子留学に来てフィリピンの子供に対する懐の深さや居心地の良さを知り、さらに子どもの英語力も伸ばせられる環境が、フィリピンへ海外移住する決定的な決め手となりました。

フィリピンに移住したいと考えるお母様が年々増えているのは、こういう理由ではないでしょうか。

母子だけの海外生活、治安は大丈夫?

母子だけの海外生活、治安は大丈夫?

治安に関して、よく「子どもを連れてフィリピンで住むって危なくないの?」と質問を受けます。

ですが私自身、これまでセブ島で一度も危険な目に遭ったことはありません。

もちろん子連れでの海外生活ですので、

  • 子どもから目を離さない
  • 夜道を歩かない
  • 危険だと言われるエリアには近づかない

など、最低限の注意はしています。

日本にいるから絶対安全ということもなく、どこに住んでも「最低限やってはいけないこと」を守っていれば、危険な目に合うリスクはグンと低くなると思います。

フィリピンに移住するためにやったこと

フィリピンに移住するためにやったこと

セブ島で仕事探し

さて「シングルマザーが海外移住する」となると、まずは大事な収入源の確保が必要ですよね。
移住を決めた私がまずとった行動は、やはり「仕事探し」でした。

フィリピンでみつかる仕事といえば、コールセンターか日系の語学学校のスタッフがほとんどです。私もいくつか応募しました。

お給料は現地採用の場合、日本円で10万円前後です。

求められる英語力は、募集されている職種や要項にもよりますが「簡単な日常英会話」ができればOKとしている企業が多いので、特別な語学力は求められないケースが多いでしょう。(もちろん英語力が高いと仕事の幅も広がりますし、もう少し高いお給料もいただけます)

とはいえ「全く英語が話せない」となるとなかなか仕事が見つかりませんので、英語力に不安がある方は日本にいる間にオンライン英会話などで英語の勉強をしておくといいですね。

たった2カ月で伝わる英語が身に付く!

私は親子留学も経験していたので、日常会話レベルの英語力に関しては問題はなかったのですが…

就職の条件として会社が準備している寮に住まなくてはいけなかったり、子供がいることを伝えると、

「熱が出たらどうするの?」
「子供の面倒は誰がみるの?」

日本でもよく耳にするシングルマザーを悩ませる言葉…。

フィリピンでの仕事探し、フィリピンという国は子供には優しいのですが、子連れのお母さんには厳しいな…と感じたのが本音です。

ですが最終的には、紆余曲折を経て…知り合いのつてで日本人経営の語学学校で無事仕事を見つけることができました。

セブ島の託児所

フィリピンの中級家庭〜では、お手伝いさん(ヤヤと呼ばれます)を雇うことが一般的です。

日本人でもヤヤを雇っているご家庭はありますよね。
ですが、やはり「全くの他人に子供と家を預けるのは不安」と感じられる方が大半なのではないしょうか。

私の子供はまだ3歳。
何かあっても自分で言える歳ではありませんでしたし、ヤヤを雇うという選択肢はありませんでした。

  • お米を盗まれる
  • 家に帰ると自宅のものが全てなくなっている
  • 一日中、携帯で子供に動画を見せ、全く面倒を見ない
  • 家主がいない間にパートナーを連れ込む

などなど。
実際に、私の知人のヤヤを雇っている日本人は色々な問題を抱えています。

そこで私が選らんだのは、セブ市内のオフィス街、IT Park内に位置する「VOYAGE CHILD HOUSE
セブ島にオープンした日本人オーナーの託児所です。

教育免許を持った日本人が常駐しており、先生はフィリピン人。
1日に1コマ、音楽や日本語・算数・スポーツなどの授業があります。

フィリピンの幼稚園は午前中で終わってしまうことが多く、アフタースクールを追加しても仕事の途中で迎えにいく形になってしまうのですが、ここでは子供を最長11時間預かってくれます。

料金は日本の幼稚園とさほど変わらず、日本のインターナショナルスクールの半額以下で英語の環境に身を置くことができます。

セブ島で部屋探し

そして次は住居です。
お部屋は、知り合いの日本人に紹介してもらったプール付きのコンドミニアム(マンション)を借りました。

家賃・共益費・Wi-Fi込みで、日本円で約33,000円。
1ルームですが、2人では充分な広さです。

最初から家具が備え付けられているため、初期費用はデポジット(敷金)だけ。
フィリピンではデポジットとして家賃の2ヵ月分を契約時に支払う場合が多いのですが、半年住むという約束で、1ヵ月分のデポジットで交渉成立したので安く抑えることができました。

契約にあたって特に必要な書類はなく、パスポートの提示と契約時に必要な書類のサインのみという簡単なものでした。

日本での手続き・移住準備

日本での手続き・移住準備

仕事・幼稚園・住む部屋を決めてから移住までにかかった期間は2ヵ月。

日本で私が行ったことは、

  • フィリピンでの就労ビザ取得に必要な書類集め
  • 海外転出届の提出(住民票を抜く)
  • 保険の見直し
  • 断捨離と荷造り

でした。

就労ビザ

フィリピンで外国人が働くにあたって、就労ビザ(9G)の取得が必要です。

膨大な量の書類が必要になりますが、フィリピン国内での9Gビザ取得の手続きは会社側で行ってくれる場合がほとんどだと思います。
私が用意した書類は「戸籍謄本」と「出生証明書」のみでした。

海外転出届の提出

1年以上、海外滞在する場合は、海外転出届けを提出する必要があります。
海外転出予定日の14日前から申請が可能です。

住民票を抜くメリットとしては、

  • 「国民年金」が任意になる
  • 日本帰国時に免税が受けられる

デメリットは、

  • 国民健康保険に加入できない
  • 銀行口座、クレジットカードが作れない

海外で暮らすとなると、海外送金する機会が増えたり、思わぬ出費がありクレジットカードや国際キャッシュカードが必要になることも考えられます。

住民票を抜いてしまうと、上記にあげたように、銀行口座やクレジットカードなどを新規開設できなくなりますので、日本に在住している間に準備しておくことをおすすめします。

住民税に関しては、

  • 1月1日の時点で住民票がどこに置いてあるか
  • 海外に1年以上滞在しているか

によって税率が変わります。
ですので、12月末までに海外に転出されることをおすすめします。

医療保険

最後に保険の見直しです。

住民票を抜くと国民健康保険証が使えなくなり、病院にかかった場合は全額自己負担になります。

海外旅行保険は、2人分だととても高くなります。
クレジットカードに付帯されている海外旅行保険もありますが、保険の保証期間は3ヵ月ほどと設定されているクレジットカードが多く、長期滞在には不向きです。

また、フィリピンにもローカルの保険があり、年間で約4万円で加入できるのですが、日本人が行くような病院は対象外だったり、保証内容がイマイチだったりでやめました。

なので、海外での怪我の治療や入院でも有効な日本の保険会社の医療保険(富国生命・住友生命)に加入しました。
2人合わせても1万円もしません。

物価の安いフィリピンですが、外国人がそれなりの治療を受けようとすると高額になります。
実際、私の子どもはすでに2回も入院しています。
3日間の入院で約9万円です。

子どもはすぐに熱を出したり、日本と違う環境で何が起こるかわからないので、親子で海外移住をお考えのお母さんは海外でも使える医療保険に加入しておくことをおすすめします。

シングルマザーが海外移住してみて

シングルマザーが海外移住してみて

シングルマザーが海外移住した結果、気になるのはその「生活費」と「子供の英語力」ではないでしょうか。

シングルマザーの生活費

私のフィリピンでの1ヶ月の生活費は、日本円で10万5千円ほどです。

家賃約15,000ペソ
幼稚園代約20,000ペソ
水道代約100ペソ
電気代約1,500ペソ
食費約10,000ペソ
娯楽費約2,000ペソ
合計約48,600ペソ *日本円で約105,000円

食材などはスーパーで購入せずに毎週ローカルマーケットに行って1週間分をまとめて購入しており、基本的には自炊です。

子供のお昼ご飯は手作りのお弁当。
フィリピンでは1日に2回スナックタイムがあるので、おやつを毎日2つ持たせています。

私のお昼ご飯はというと、カレンデリア(ローカル食堂)で済ませることが多いです。お腹いっぱい食べても約70ペソ(日本円で約150円)で食べることができます。

週末は子供とコンドミニアムのプールで遊んだり、ショッピングモールのキッズプレイランド(利用料は日本円で400円程度)で遊んだりしています。

毎日日本食を食べたり、外国人向けのカフェやレストランを利用していれば、いくら物価の安いフィリピンでもそれなりにお金がかかるので、ローカルマーケットや食堂・自炊などを心がけて出費を抑えるようにしています。

英語力

海外移住の大きな目的のひとつである「英語力」ですが、仕事でも英語を使うことができるくらいには上達したと思います。

移住前は簡単な日常会話ぐらいしか話せませんでしたが、職場で1日3時間英語の授業を受講できるという恵まれた環境もあり、日々英語力を鍛えることができています。

子どもは日本にいる頃よりも圧倒的に英語が話せるようになりました。
日本人には日本語、フィリピン人には英語で話し、相手によって上手に言語を使い分けています。改めて子どもの吸収の速さには驚かされますね。

シングルマザーの海外移住まとめ

以上が、私がセブ島に移住したきっかけや手続き、そして移住した結果の体験談です。

日本にいる時よりも移住をしてからの方が、仕事をしながらでも子どもとの時間も作れていて、フィリピンに住むことの居心地の良さを日々感じています。

セブ島に住む日本人コミュニティもあるので、ママ友ともたくさん情報を共有できます。

それに子供という強い味方がいます。
幼くてもどれほど子どもの存在に助けられたかはかり知れません。

これからも「シングルマザーだから」とできない理由を並べ立て、自分や子供のプラスになることを諦める必要はないと思っています。

近年、日本国内でも地方へ移住するシングルマザーが増えていますよね。

もし「心機一転、誰も知らない土地で子供と一緒にゼロからやり直したい」とお考えのお母さん、国内でしたら自治体の支援もありますので「やりたい!」と思ったこと、是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか。