【無料あり】シングルマザーにおすすめ婚活アプリ5選 »

地方移住支援サイトまとめ【2020年】母子家庭におすすめの都道府県別移住先

地方移住支援サイトまとめ【2020年】母子家庭におすすめの都道府県別移住先

地方移住について知りたいけど、情報が多すぎて調べるのが大変!

お金や仕事・住まいに子育てと、シングルマザーが地方移住のために考えなければいけない問題は山積みです。

市町村ごとに移住支援策も異なるため、忙しい日々の中でそのひとつひとつをチェックするのは大変ですよね。

そんなシングルマザーに、各都道府県の移住先を一覧にまとめました

どのサイトにも、各県の魅力と共に移住に有益な情報や子育て支援策が紹介されています。

ぜひお気に入りのサイトを比較検討してみてくださいね。

北海道・東北 北海道青森県岩手県宮城県秋田県山形県福島県
関東 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部 愛知県岐阜県静岡県山梨県長野県福井県石川県富山県新潟県
近畿 大阪府京都府兵庫県奈良県三重県滋賀県和歌山県
中国 岡山県広島県山口県島根県鳥取県
四国 徳島県香川県愛媛県高知県
九州・沖縄 福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県沖縄県

»【2020年版】母子家庭におすすめの都道府県3県
» 移住で50,000円プレゼント!地方移住シュミレーションを無料でやってみる

北海道・東北地方の移住先一覧

北海道「北海道で暮らそう」

北海道「北海道で暮らそう」

四方を海に囲まれ、雄大な湿原が広がる北海道は、自然の中で暮らしたいとお考えの方におすすめの移住地です。

東京都のおよそ40倍もの敷地面積を誇る北海道は、気候や特色が地域ごとに大きく異なります。

北海道で暮らそう」は、北海道への移住・定住に関する情報が詰め込まれた情報サイトとなっています。

子育て・教育

北海道の結婚・妊娠・出産・育児の総合ポータルサイト「HAGUKUMU」の情報を紹介。

ひとり親家庭への支援策もチェックすることができます。

仕事

U・Iターンでの就職だけでなく、農業・林業・漁業の情報が満載。

資格を活かした医療福祉分野の仕事や、スキルをもとにした起業案内もあり、北海道での仕事の可能性が広がります。

住まい

北海道空き家バンク」で、地域や各種条件をもとに、北海道内の空き家情報を検索することが可能で、民間不動産・賃貸や、道営・市町村営の住宅情報の案内もあります。

各市町村ごと支援制度があり、物価が安いことが北海道の特徴です。

サイト内の「移住生活費シュミレーション」では、現在と移住後で、どの程度生活費が違うのかを比較することができます。

知らない土地にいきなり移住するのが不安な方は、移住先での暮らしを体験移住できる「ちょっと暮らし」の情報もぜひチェックしてみてくださいね。

青森県「あおもり暮らし」

青森県「あおもり暮らし」

日本の本州最北端に位置し、奥羽山脈が県内を二分する青森県では、都市部に生活しながらいつも自然を目にすることができます。

あおもり暮らし」は、青森の魅力と共に、移住者に向けた仕事や住まいの情報を紹介しているサイトです。

青森の食文化や歴史などに触れながら、より移住に対するイメージを固めていくことができますよ。

子育て・教育

住みたいエリアごとに、子育て・教育支援情報をチェックすることが可能。

多くの自治体で、病児病後児保育や子育て支援相談事業が実施されています。

仕事

東京圏内から青森県内に移住し、就業・起業した方を対象に、最大100万円の移住支援金支給制度が実施されています。

その他、就職、農業・林業・漁業・畜産業に関する問い合わせ先も紹介されています。

住まい

エリア・間取り・価格帯をもとに、一戸建てやマンション・アパートの賃貸情報を検索することができます。

青森県内に移住した方に、さまざまなサービスや情報提供をしてくれるのが「定住サポーター」

サイト内では、定住サポーターによる教育・子育て支援や、定住総合支援の情報を、各地域ごとに検索することができます。

移住に関する、東京と青森の相談窓口の情報も掲載されています。

岩手県「イーハトー部に入ろう!」

岩手県「イーハトー部に入ろう!」

北海道に次いで、全国で2番目の広さを持つ岩手県。

宮沢賢治は、故郷であった岩手県を「イーハトーブ」と名付け、心の中の理想郷として愛し続けました。

イーハトー部」は、各市町村・移住者・支援団体など、岩手を愛する人々が集まって立ち上げた情報サイトです。

子育て・教育

イーハトー部を構成する、33市町村の基本データや支援策を細かく掲載。

学校や保育所の数や、各市町村ごとに異なる子育て支援策を確認することができます。

住まい

「空き家バンク制度」から、空き家物件の検索が可能。市町村ごとに空家等リフォーム補助事業もあります。

仕事

主要都市で開催されるI・Uターンイベント情報。

岩手を拠点に起業を考える人へ向けた、支援情報が紹介されています。

「先輩部員の声」のページには、実際に移住した方々の体験談が寄せられています。

農業や漁業・医療介護と、移住後の働き方もさまざまで、岩手をフィールドに全国と繋がりを持ちながら、南部鉄器や漆など、岩手ならではの産業を支える姿も多くみられます。

交流会やイベント情報や支援制度が紹介されている「応援団の部屋」も要チェックです。

「起業したい!」シングルマザーの起業におすすめの3つの職種を厳選 シングルマザーの起業におすすめの3つの職種「起業したい!」 ※無料【無資格OK】働きながら介護士資格を取る最短・最安ルート 無資格・未経験が働きながら【※無料】介護福祉士資格を取る方法

秋田県「秋田暮らしはじめの一歩」

秋田県「秋田暮らしはじめの一歩」

海と山に囲まれた秋田県は、「あきたこまち」に代表される米どころ。

農産業が盛んで、降雪量の多い横田市のかまくらは、秋田の冬の代名詞とされています。

秋田暮らしはじめの一歩」は、秋田への移住を考える方に向けた、移住・定住総合ポータルサイトです。

子育て・教育

サイト内で紹介されている「いっしょにねっと。」は、秋田の子育てに役立つ情報が満載のページです。
ひとり親家庭を対象とした各種手当や助成金、県内の公立校の一覧を確認することができます。

仕事

秋田ならではの取り組みが、より多くの人に秋田に定住してほしいという願いを込めたオールターン(ALL TURN)と、秋田の頭文字「A」をかけた「Aターン登録制度」

登録することで、秋田の求人情報を手軽にチェックできる他、県内企業の採用面接に要した交通費の助成を受けることができます。

住まい

県・市町村公営住宅と、空き家バンクの情報が掲載。

NPO秋田移住定住総合支援センターの提供する、各市町村ごとの古民家情報も紹介されています。

サイト内には、県や各市町村が実施している各種支援制度についてまとめられたページもあります。

「移住の心得」では、田舎暮らしをより快適にするためのヒントやポイントが詳しく解説されており、移住に対するイメージをより明確にすることができますよ。

宮城県「みやぎ移住ガイド」

宮城県「みやぎ移住ガイド」

宮城県の県庁所在地である仙台市は、人口108万人を有する東北地方最大の都市。

みやぎ移住ガイド」では、宮城県内の移住候補地として最適な仙台市をはじめとする、各市町村の支援情報が掲載されています。

東北新幹線で首都圏から約1時間30分という利便性の高さも、移住地として人気を得ている理由のひとつです。

子育て・教育・住まい

各市町村ごとに、空き家情報や住宅取得支援や子育て支援情報を細かく記載。

地域の特色を知ることができ、移住に向けた支援策まで比較検討することができます。

仕事

掲載されている求人情報1,500件以上のうち、「移住支援金対象求人」は500件以上。

事務・介護福祉・工場勤務などその職種もさまざまで、農業や漁業・林業といった一次産業の求人情報も充実しています。

サイト内には地域おこし協力隊に関する情報も満載。

宮城県でさまざまな地域協力活動を行う中で、地域の魅力を体感し、移住定住を実現した隊員の姿が紹介されています。

メルマガ登録をすることで、宮城県のイベント情報や支援情報など、最新の情報を受け取ることも可能です。

※無料【無資格OK】働きながら介護士資格を取る最短・最安ルート 無資格・未経験が働きながら【※無料】介護福祉士資格を取る方法

山形県「すまいる山形暮らし情報館」

山形県「すまいる山形暮らし情報館」

米やさくらんぼといった豊富な農作の他、山形牛や地酒など、食の宝庫として知られる山形県。

城下町の風情を残した街並みや、蔵王や山寺などは観光地としても人気です。

すまいる山形暮らし情報館」では、4つのエリアの特色と共に、仕事や住まいに関する移住支援情報が紹介されています。

子育て・教育

自然豊かな山形での子育てを希望する方に向け、県内の子育て支援情報が紹介されています。

専門講習を受けたドライバーが、乳幼児連れの外出や保育園、塾やスポ少の送迎を支援してれる「子育てタクシー」といった珍しい子育て支援策もありますよ。

仕事

山形県内の就職情報サイトや、子育て中の仕事と子育ての両立を支援するマザーショブサポートを紹介。

就農のための支援情報や、実際に地域おこし協力隊として働く人の活動の様子も掲載されています。

地方に移住したら仕事はある?【支援・仕事付き】おすすめ田舎暮らし6選 地方に移住したら仕事はある?【支援・仕事付き】おすすめ田舎暮らし6選

住まい

移住希望者に変わり、山形県が不動産団体に希望の物件を照会するサービスを掲載。

公営住宅・民間賃貸住宅の情報や、各市町村の空き家情報「空き家バンク」も紹介されています。

山形県の移住ガイドブックや、県内35市町村の情報を掲載したガイドブック、移住者インタビューをまとめた冊子など、サイト内では多くの情報をPDFで閲覧することができます。

山形県では、住まい・食・仕事を組み合わせて移住をトータル支援する取組も実施。

移住先の会社を訪問する際にかかる交通費の補助や、資格取得中の生活費の補助など、ひとり親家庭の就業に関する支援もあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

福島県「ふくしまぐらし」

福島県「ふくしまぐらし」

雪が降る会津地方と、比較的温暖な浜通り、四季鮮やかな中通りと、エリアごとに異なる特色を持つのが福島県です。

ふくしまぐらし」では、福島県の魅力と、実際に移住者が活躍する姿が紹介されています。

地域おこし協力隊や復興支援員など、地域の担い手を求める情報も多数掲載されています。

子育て・教育

福島県の子育てポータルサイト「すくすくひろば」の情報を掲載。

ひとり親家庭に関する育児支援策も確認することができます。

仕事

福祉・医療、IT関連、公務員など、業種ごとの求職情報を掲載。

就農に関する支援制度や、地域おこし協力隊、復興支援員の募集情報も紹介されています。

地方に移住したら仕事はある?【支援・仕事付き】おすすめ田舎暮らし6選 地方に移住したら仕事はある?【支援・仕事付き】おすすめ田舎暮らし6選

住まい

地域ごとの空き家バンク情報や、各不動産、公営住宅に関する情報提供あり。

数日や1か月単位で地域の暮らしを短期体験できる、移住体験施設に関する情報も豊富です。

サイト内では、首都圏の移住相談窓口「福が満開、福しま暮らし情報センター」を紹介。

福島での仕事や生活について不安を持つ方々に対し、専門の相談員が対応する体制を整えています。

移住体験ツアーや、現地訪問の際の助成制度も充実しているので、「ふくしまぐらしを一度体感してみたい」とお考えの方は、ぜひ検討してみてくださいね。

無料の地方移住体験ツアー・仕事・空き家を無料で探す

関東地方の移住先一覧

茨城県「Re:BARAKI」

茨城県「Re:BARAKI」

関東平野が広がり、温暖な気候に恵まれた茨城県は、年間を通し暮らしやすい街として知られています。

都会へのアクセスに便利な都市部から、自然に囲まれた平野部まで、地域ごとの魅力もさまざま。

Re:BARAKI」は、茨城県での新しい暮らしを考える方に向けた、移住定住ポータルサイトとなっています。

子育て・教育

リンクされている茨城県の公式サイトから、福祉・子育てに関連する情報を検索することが可能です。

仕事

移住後の就職を相談できる窓口や支援センターについて紹介。

東京23区に在住または通勤する方が、対象の企業に就職・起業した際に支援金を支給する「わくわく茨城生活実現事業」についても詳しく掲載されています。

「起業したい!」シングルマザーの起業におすすめの3つの職種を厳選 シングルマザーの起業におすすめの3つの職種「起業したい!」

住まい

空き家バンクに登録されている賃貸・売買物件を検索可能。

エリアごとのお試し居住制度について、各市町村へ問い合わせることもできます。

「茨城のヒト・コト・バ」のページでは、実際に茨城に移住定住して暮らす人々の声を数多く掲載。

働き方や暮らし方など、茨城での移住後の生活をイメージする参考になります。

茨城県への移住に関して疑問に思うことは、サイトから直接メールで相談することも可能ですよ。

栃木県「ベリーマッチとちぎ」

栃木県「ベリーマッチとちぎ」

東京へ通勤な可能なエリアから、自然と都会が調和したエリア、自然豊かなエリアと魅力満載の栃木県。

「住みたい田舎ランキング2020」(田舎暮らしの本)では、栃木市は総合部門第5位に選出されました。

生産量日本一の「いちご」をモチーフとしたサイト「ベリーマッチとちぎ」では、地域に根差した移住・定住情報が紹介されています。

子育て・教育

各市町村ごとの移住・定住支援施策を検索可能。

医療費助成・ファミリーサポート制度・子育て支援センターなど、子育てに関する支援策を各市町村ごとに一度に比較することができます。

これで育児と仕事を両立できた!働く母子家庭の子育て支援・ファミリーサポート ファミリーサポートのおかげで育児と仕事を両立できた!働く母子家庭の子育て支援

仕事

就職や転職・起業・農業や林業など、栃木で働く人に向けた支援情報を紹介。

栃木県公式の就活活動支援アプリ「とちまる就活アプリ」についても掲載されています。

住まい

エリアと条件によって栃木県内の空き家バンクに登録されている物件を検索可能。

小中学校や保育所が近い、子育て世帯向きの物件を中心に住まいを探すこともできます。

「つながる」のページでは、実際に栃木県への移住をうまく進めるためのポイントが紹介されています。

移住イベントへの参加から、ライフスタイルに合わせたエリアの決め方・情報収集の方法など、栃木県移住に向けての動きを具体的にイメージすることができますよ。

群馬県「ぐんまな日々」

群馬県「ぐんまな日々」

群馬県へ移住を検討中の方のための、ライフスタイルWEBマガジン「ぐんまな日々

内陸に位置する群馬県は、山や高原、湖に河川といった自然の魅力が満載で、豊かな自然の中で子育てをしたい方におすすめの地方移住地です。

住居費は東京の約2分の1で、物価が日本一安い都市としても知られています。

子育て世帯の経済的負担を軽減する取り組みにも力を入れており、医療費は県内どこでも中学校卒業まで無料となっています。

子育て・教育

市町村ごとに、子育て・教育に対するサポート体制を検索することが可能。

放課後児童クラブ利用料無料、学校給食費助成など、地域ごとに異なる子育て支援策は、移住エリアを選択する際の参考にもなりますね。

仕事

就職・起業・農業や林業ごとに、支援策や相談窓口を掲載。

群馬県への移住後はどのように働きたいのか、希望のワーキングスタイルに合わせて仕事を検索することができます。

「起業したい!」シングルマザーの起業におすすめの3つの職種を厳選 シングルマザーの起業におすすめの3つの職種「起業したい!」

住まい

住みたい地域や希望の条件をもとに、公営住宅・賃貸住宅を検索することが可能。

エリアごとの空き家情報も充実しています。

市町村によっては、空き家の月額家賃に助成金を支給しているケースもあります。

群馬県では、地域と移住者をつなぐサポーターとして、移住コーディネーターが活躍しています。

サイト内には、東京都の相談窓口の他、直接問い合わせできるメールフォームも掲載。

各市町村の支援策をまとめた冊子や子育て応援冊子などは、Webでダウンロードして閲覧することもできますよ。

埼玉県「住むなら埼玉!」

埼玉県「住むなら埼玉!」

関東平野の内部に位置する埼玉県は、田舎で暮らしながら都内へ通勤することも可能な利便性に優れた地域です。

埼玉県のサイト内に設けられた「住むなら!埼玉」には、埼玉県への移住・定住に関する情報が満載。

住まいや仕事の他、埼玉県内の子育てに関する情報も紹介されています。

子育て・教育

埼玉県の「結婚・妊娠・出産・子育て応援公式サイト」を紹介。

埼玉県のひとり親支援情報や、子育て支援事業について確認することができます。

「都心に近い子育ての街」では、各沿線ごとの子育てイベントや施設の情報が掲載されていますよ。

仕事

埼玉県移住就業マッチングサイト「働くなら埼玉!移住支援金求人サイト」を紹介。

無資格未経験からでも働ける介護職や正社員の保育士・建設業など、移住支援金対象の求人のみをエリアごとに検索することができます。

埼玉への移住後に農業を始めたいとお考えの方には「埼玉ではじめる農ある暮らし」もおすすめですよ。

※無料【無資格OK】働きながら介護士資格を取る最短・最安ルート 無資格・未経験が働きながら【※無料】介護福祉士資格を取る方法 資格なし...働きながら保育士資格を取る最短・最安ルート【国家資格】 働きながら保育士資格【国家資格】取得!資格なしの最短・最安ルート

住まい

市町村の空き家バンクや住み替え支援、補助に関する情報を紹介。

子育てに配慮したマンションや住宅、多子世帯向けの住宅支援情報についても掲載されています。

サイト内では、福岡や神奈川から実際に埼玉県に移住した方のインタビューも閲覧することができます。

東京にある移住総合相談窓口や、各市町村の移住専門窓口も一覧で掲載。

都心に近い田舎としての魅力に溢れた埼玉県での定住を考える方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

千葉県「ちばの暮らし情報サイト」

千葉県「ちばの暮らし情報サイト」

都心部から約2時間でアクセス可能な千葉県は、都会に近い場所にありながら、海や里山に囲まれて暮らすことができる街です。

年間を通して温暖な気候と、豊富な海産物や農産物があることも魅力のひとつ。

千葉県の公式ホームページ内に設けられた「ちばの暮らし情報サイト」は、千葉県への移住・定住希望者に必要な情報が満載のページとなっています。

子育て・教育

千葉県のホームページ内にある「子育て情報」を紹介。

県内の保育施設の他、ひとり親家庭に対する手当や助成金制度についても確認することができます。

仕事

千葉県に移住し、起業・就業する方へ向けた補助制度を紹介。

東京23区に連続して5年在住、または東京都・埼玉県・神奈川県在住で東京23区へ5年以上連続して通勤している方を対象に、最大で100万円の補助金を支給している市町村を確認することができます。

「働きたい女性のための応援サイト」では、求人情報の探し方や面接の受け方、働くための子育てサポート情報について紹介されています。

「起業したい!」シングルマザーの起業におすすめの3つの職種を厳選 シングルマザーの起業におすすめの3つの職種「起業したい!」

住まい

住宅支援や空き家情報について、各市町村の取り組みを確認することができます。

住宅リフォーム補助金制度や、田舎暮らし体験など、内容は実にさまざま。

千葉県内の5つのエリアごとに掲載されているので、住みたい地域を絞り込む参考にもなりますよ。

「ちば移住者座談会」のページでは、実際に千葉に移住した方々によって、千葉暮らしの魅力が語られています。

また、ダウンロードして閲覧可能なパンフレットには、移住者への更に詳しいインタビュー記事や、各地域の特徴が盛り込まれています。

東京都 奥多摩町「少子化対策・定住対策」

東京都 奥多摩町「少子化対策・定住対策」

日本の首都圏である東京都は、23区・多摩地域・伊豆諸島や小笠原諸島からなる島しょ部によって構成されています。

都市部から離れ、自然豊かな地域の「多摩地域」と「島しょ部」では、それぞれに移住・定住に向けた取り組みが実施されています。

なかでも奥多摩町は、東京都の最も西に位置する自然豊かな地域で、定住とともに少子化対策にも力を入れているため、子育て世帯に人気のエリアとなっています。

実際に、「田舎暮らしの本」住みたい田舎ランキング2020では、首都圏エリアで東京都内から唯一、10位にランクインを果たしました。

子育て・教育

奥多摩町ホームページの「子育て支援」を紹介。

乳児から高校生までの医療費(保険適用分)・中学生の制服購入費・通学費用を全額助成するなど、奥多摩町の手厚い子育て支援策が掲載されています。

ひとり親家庭を対象とした支援策には、家庭用ごみ袋の購入費の一部、学童保育の全額または一部助成などがみられます。

仕事

就労に関する相談窓口を掲載。

定期的に開催される移住・定住相談会では、ハローワークや法人・企業担当者へ、直接就労相談することも可能です。

住まい

若年層を対象とした定住応援補助金について紹介。

年齢が50歳以下の子育て世帯や45才以下の夫婦を対象に、住宅の新築・増築・改築・購入にかかった費用のうち、最大200万円の補助金を受け取ることができます。

家賃の低額な若者住宅や、空き家バンクについての情報を検索することも可能ですよ。

サイト内には、子育て支援と定住に関する総合窓口の情報を掲載。

「安心して子どもを産み育てられるまち」を目指している奥多摩町は、とにかく子育て支援策が充実しています。

東京都の中でも、都会の喧騒から離れ、静かな場所で子育てをしたい方におすすめの街であると言えるでしょう。

東京都 伊豆大島「シマラボ」

東京都 伊豆大島「シマラボ」

島暮らしを検討されている方におすすめしたいのが、伊豆大島の移住サイト「シマラボ」です。

東京から最も身近な島として紹介されている伊豆大島は、都内から船旅で約1時間半。

四方をダイナミックな自然に囲まれながらもインフラが整い、さらに医療機関や公共施設も充実しているため、移住におすすめの島となっています。

子育て・教育

島内の保育所と公立学校に関する情報を掲載。

島暮らしというと、子どもも少なく子育て施設が限られたイメージですが、島内には町営3か所と民間2か所の保育施設があります。

小学校と中学校は各3校。高校は都立校が2校と、教育機関も整っているのが嬉しいですね。

仕事

島内のアルバイト・パート・正社員の求人情報を掲載。

島内では事業主が高齢化を迎える企業もあり、事業継承に関する情報についても紹介されています。

住まい

島内にある1,000件を超す空き家情報を収集し、移住希望者向けに発信。

「海沿い」「学校近く」「庭・畑付き」といった希望の条件で検索することが可能です。

シマラボでは、取り組みのひとつとして移住希望者への移住コーディネートサービスも実施しています。

移住前に空き家を紹介してもらいながら、買い物やネット環境・仕事や子育てに関する情報を収集することも可能。

自然豊かでおおらかな伊豆大島での暮らしに興味を持たれた方は、ぜひ一度問い合わせ用のメールフォームから相談してみてくださいね。

神奈川県「ちょこっと田舎でオシャレな神奈川で暮らそう」

神奈川県「ちょこっと田舎でオシャレな神奈川で暮らそう」

都心まで通勤圏内という利便性と、海や山などの自然の魅力を兼ね備えた神奈川県。

神奈川県のホームページでは、移住・定住に関する情報が紹介されています。

移住に必要な住まいや仕事、子育て支援といった項目を、33の市町村ごとにチェックすることが可能です。

子育て・教育

神奈川県内の子育てに関する情報をまとめた「子育て支援情報サービスかながわ」を紹介。

保育所や幼稚園の検索や、各市町村が取り組んでいる子育て支援サービスについて検索することが可能となっています。

仕事

神奈川県ハローワークに関する情報を掲載。

39歳までの若年層の就業を支援するための「かながわ若者就職支援センター」も紹介されています。

住まい

各市町村の空き家バンクや、県内の住まいに関する情報が集まったポータルサイトを紹介。

移住生活に関するサポートや、相談窓口なども設けられています。

サイト内には、各市町村の移住・定住サイトへのリンクもまとめられており、移住地の選択に役立てることができます。

移住者の声のページでは、実際に神奈川に移住することで得られる魅力について、ふんだんに紹介。

エリアごとに作成された、移住・定住PR動画も多数閲覧できるので、神奈川県への移住をお考えの方はぜひチェックしてみてくださいね。

無料の地方移住体験ツアー・仕事・空き家を無料で探す

中部地方の移住先一覧

準備中です。

近畿地方の移住先一覧

準備中です。

中国地方の移住先一覧

準備中です。

四国地方の移住先一覧

準備中です。

九州・沖縄地方の移住先一覧

準備中です。

無料の地方移住体験ツアー・仕事・空き家を無料で探す

SHARE